<< ごあいさつ(弁護士道免明彦) | main | ある過払金の返還―判決どおりの支払いを受けるのは大変!? >>
2018.02.23 Friday

厄払いと豆まき

 博多の総鎮守として、「お櫛田さん」の愛称で、広く市民から親しまれている「櫛田神社」の「節分祭」において、2月3日、今年厄年になることから、厄払いと開運を祈願し、「豆まき」の神事をして参りました。

 櫛田神社には、報道によれば、3万人もの人出があるそうで、境内にも、溢れんばかりのたくさんの人がおられ、すごい賑わいでした。

 櫛田神社の豆まきは、紅白のボールに座右の銘を記してこれを投げるととともに、袋に入った豆をまきます。紅のボールに「初志貫徹」、白のボールに「自然体」と書き、この思いが叶うよう思い切り遠くまで投げました。「ハオリハカマ」を着て舞台に上がり、境内の人々から、「こっちに投げて」と黄色い声援を受ける中、豆をまくのは、ロックスターにでもなった気分です。

 このとき舞台に上がった中には、たまたま博多の方がおられず、最後は、博多手一本を締めさせて頂き、そのときの様子がテレビ放送もされていた由です。

 今年一年本厄を無事過ごし、厄除、商売繁昌、家内安全、不老長寿、交通安全、会社安全で、無事乗りきりたいと思います。

 

 

2018.05.08 Tuesday

スポンサーサイト

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PR
Selected Entries
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM