<< 平成28年熊本地震により被災された皆様にお見舞い申し上げます | main | 新年(2017年)のご挨拶 >>
2017.07.24 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.09.21 Wednesday

修習を終えて(第69期修習生本村安宏)

私たちの事務所で刑事弁護を中心に修習した、第69期修習生の本村安宏君が修習を終えてとする感想やお礼を送付してくれましたので、本人了解のもと、ご紹介致します。

 

「修習を終えて」

 

 私は、第69期司法修習生の本村安宏と申します。今年の6月21日から8月12日までの約2か月間、河野・野田部法律事務所の先生方のもとで、弁護士業務を学ばせていただきました。

 野田部先生には、刑事事件のバックアップ弁護士(主に刑事弁護活動を内容とする修習を指導してくださる弁護士のことをいいます)として、ご指導していただきました。具体的には、被疑者・被告人の接見へ同行したり、控訴趣意書や弁論要旨、尋問事項の起案をしたりという、まさに弁護士が実際にやっている活動を自分の手で経験できる貴重なものでした。

 野田部先生から学ばせていただいたことは本当にたくさんあります。その中でも一番印象に残っているのは、野田部先生の鋭い観察力と、イメージ力でした。どのような表現をすれば、裁判官がこちらに関心を持つのか。相手方はどのような見通しをもって訴訟に臨んでいるのか。野田部先生は、相手より一歩でも二歩でも先回りするために、主張書面や証拠はもちろんのこと、裁判官や相手方の言動、行動、服装、姿勢など、あらゆることをつぶさに観察し、その人たちが自分の机に戻った後、どのような作業をするかまでイメージし、綿密に作戦を立てていらっしゃいました。私は、このような、先生の観察力とイメージ力にとても驚き、弁護活動への熱意に圧倒されました。

 今回の修習で、依頼人の権利・利益を最大限実現するための不断の努力、熱意を間近で見ることができ、他では決してできない貴重な経験をたくさんさせていただきました。自分が弁護士になってからも、この経験を活かし、日々研鑽を積んでいこうと思います。

 約2か月という短い期間でしたが、野田部先生を始め、河野・野田部法律事務所に所属する先生方、事務局の方々には大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

2017.07.24 Monday

スポンサーサイト

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
Selected Entries
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM