2019.01.31 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2019.01.31 Thursday

修習を終えて(弁護士内海裕也)

 昨年、野田部先生の下で司法修習をさせていただきました、内海裕也と申します。

 遅ればせながらではありますが、司法修習をさせていただいた成果として、本記事を書かせていただきます。

 

 私は、野田部先生をはじめ事務所の各先生のご指導の下、訴状や内容証明の起案などをさせていただきました。書面の起案では、内容面、形式面の両方において、読みやすく説得的な文章を書くことの重要性に気づかされました。

 また、修習生という未熟な身ではありましたが、司法試験の勉強では触れたことのない法律に関するリサーチも行ったほか、事務所での法律相談に同席させていただき、自分の見解を述べる機会もいただきました。

 

 私の弁護修習で特徴的であったのは、事務所の事業継続計画(Business Continuity Planning, BCP)の作成です。BCPとは、大規模災害時に事業を継続ないし早期に再開させるために準備しておく計画です。近年、日本では毎年のように大規模な災害に見舞われており、災害に備えるべきであることは、法律事務所ももちろん例外ではありません。しかし、中小企業ではBCP策定していない企業が多く、法律事務所に至っては、BCPを定め、公開している例は、私が修習当時調べた限りではほとんどありませんでした。短い期間で、なおかつ事務所のことをあまり知らない私が作成した内容は、十分とはとてもいえないものでしたが、野田部先生に言われるまで、BCPというものの存在自体を知らなかった私にとってはとても勉強になりましたし、何より自分の無知を恥じるとともに、野田部先生は常に一歩先を見据えて行動されているのだなと実感いたしました。

 

 私は、現在、福岡での修習を終え、東京の渉外事務所に弁護士として勤務しております。事務所での修習は合計約2ヶ月という短い期間ではありましたが、弁護士として働いていく上での地力をつけさせていただいたように思います。

 弁護修習でお会いした方々、そして野田部先生をはじめとした事務所の先生方、事務員の方々に深く御礼申し上げるとともに、弁護士として、野田部先生の背中を追いかけるつもりで、これからも日々精進して参りたいと思います。

 本当にありがとうございました。

2019.01.07 Monday

ごあいさつ(弁護士徳永淳)

 この度、私は、司法修習を終え、河野・野田部法律事務所で執務を開始することとなりました。

 私は、福岡県太宰府市出身ですが、中学生の時に実家を出たので、十数年ぶりの福岡での生活となります。弁護士として人々の力になりたいという幼い頃からの夢を叶え、その第一歩を、九州の発展を牽引する福岡という地で踏み出すことに、大きな喜びと幾分かの緊張感を感じております。様々な事件に取り組み、多くの分野のスキルを身に付けることで、皆様のお役に立てるよう日々尽力させていただく所存です。

 弁護士として甚だ未熟者ではございますが、今後とも皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019.01.07 Monday

ごあいさつ(弁護士道免明彦)

 この度、法テラスの勤務弁護士として、河野・野田部法律事務所での1年間の修行を終え、法テラス広島法律事務所に赴任することになりました。

 河野・野田部法律事務所では、弁護士の基礎を叩き込んでいただき、諦めずに取り組むことの大切さや、スピード感を持って取り組むことの大切さを学びました。

 法テラス広島法律事務所におきましても、河野・野田部法律事務所で学んだことを活かし、野田部チルドレンとして、地域の皆様のお役に立てるよう日々精進して参ります。

 弁護士としての第一歩を、福岡の地で、そして、河野・野田部法律事務所で踏み出すことができたのは、この上ない幸せです。この場をお借りして、お世話になった皆様に御礼申し上げます。

2019.01.07 Monday

ごあいさつ(弁護士高藤基嗣)

 この度、河野・野田部法律事務所のパートナーに就任することとなりました。これも、多くの皆様のご支援の賜物と感謝しております。

 弁護士登録以来10年間、勤務弁護士として、幅広い分野の案件に関わらせて頂き、様々な経験をさせて頂くとともに、弁護士としての基本的な姿勢を学ばせて頂きました。

 立場は変わりますが、今後も、それぞれの依頼者に真摯に向き合い、少しでも依頼者の力になれるよう尽力していきたいと思っております。

 今後とも、よろしくお願い致します。

2019.01.07 Monday

新年(2019年)のご挨拶

 明けましておめでとうございます。旧年中は、格別のご厚情を賜り、ありがとうございました。

 当事務所は、昨年末、高藤基嗣弁護士をパートナーとし、道免明彦弁護士を送り出し、新たに、徳永淳弁護士を迎え入れました。

 高藤弁護士は、入所以来、事件と真摯に向き合って解決し、当事務所を10年間にわたり支え続けてくれました。高藤弁護士は、当事務所の依頼者の皆様から高く信頼されるうえ、個人としても、多数の依頼を受けるようになり、今後は、パートナーとして、事務所を支えることになりました。

 道免弁護士は、当事務所における養成を卒業し、本年から、その出身地である広島に戻り、法テラスのスタッフ弁護士として勤務します。道免弁護士は、困難な事件にも、粘り強く取り組む弁護士であり、地域の皆様に寄り添い、活躍するものと期待しています。

 徳永弁護士は、穏やかな性格の中にも、情熱と正義感あふれる弁護士です。徳永弁護士は、出身地である福岡の地での第一歩に、やる気に満ちており、依頼者の皆様のお話に真摯に耳を傾け、全力で事件に取り組んでくれるものと確信しております。

 私たちは、今後も、皆様のご期待に応えるべく、さらなる研鑽に励み、社会に貢献するべく努力する所存ですので、本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

2018.12.26 Wednesday

修習を終えて(第71期修習生宮島壮史)

 はじめまして。

 本年度、河野・野田部法律事務所で司法修習をさせて頂いた、宮島壮史と申します。

 この度、第71期司法修習を修了し、来年の1月から東京の法律事務所で弁護士として働くことになりました。

 修習の締めくくりとして、本ブログの記事を書かせていただこうと思います。

 

 私は、今年の3月初旬から4月末にかけて本事務所で、高藤先生のご指導のもと、弁護修習をさせて頂きました。

 修習では、訴状や保釈請求書などの書面起案や、裁判期日への同行、打合せへの同席など、多種多様な業務を経験することができました。

 修習の中で、特に印象に残っているのが、並一通りの結果では満足せず、依頼者のためにその状況における最善を求めるという先生方の仕事に対する姿勢です。

 事件の性質上、依頼者の請求が認められやすい事件であっても、金銭請求であれば少しでも多く依頼者の経済的利益になるように、後遺障害認定であれば、少しでも高い等級認定を、というように更に良い結果を目指して知力を尽くしておられました。

 依頼者の請求が認められにくい困難な事件では多くの時間を割いて調査、検討を行い、法的構成を工夫し、依頼者の請求が認められるよう粘り強く交渉・訴訟対応を行っていました。

 また、書面起案の際には、内容面は当然のことながら、インデントやナンバリング等の形式面の細部にまでこだわり、完成度の高い書面を作成するようご指導頂きました。

 このような、普通よりもう一段高いところに目標を置き、完成度の高い仕事を目指すのが、プロのプロたる所以であると感じました。これを間近で経験させて頂けたのは、弁護修習での貴重な経験であったと思います。

 他の先生方にも、顧問先の会社や精神保健当番に同行させて頂いたり、法律相談に同席させて頂いたり、時には、息抜きにお付き合い頂くなど、様々な場面でお世話になりました。

 毎朝コーヒーを入れて下さり(なんならこのコーヒーが楽しみで出勤していた節すらあります)、提出書類のチェックなどの手続面で全面的にバックアップして下さった事務局の皆様にも大変感謝しております。

 

 事務所の皆様に支えられ、楽しく充実した弁護修習を送ることができました。

 まだまだ先生方から学びたいことはたくさんありますが、次は弁護士として、1人でも多くの人を幸せにできる仕事ができるよう、日々努力して参りたいと思います。

 ありがとうございました。

2018.08.28 Tuesday

KBCラジオ「PAO〜N」に出演しました

 8月24日放送のKBCラジオ「PAO〜N」の「まずは、弁護士に聞いてみよう!」のコーナーに、野田部哲也弁護士が出演しました。

 番組の中では、「ベンゴニンジャーホワイト野田部」として、登場しました。

 今回は、「約束に反する遺言」というテーマで、リスナーの方からのご相談や、遺言成立の可否や具体的な遺言の残し方等について、一緒に出演した水波知也弁護士とともに回答しました。

 

 相続や遺言について、お悩みや不安を抱えていらっしゃる方は、どうぞお気軽に弁護士にご相談ください。

 

2018.08.03 Friday

還暦祝い

昨日、新三浦で還暦のお祝いをして頂きました。

日頃より事務所を支えてくれている弁護士やスタッフからのサプライズパーティーでした。

 

2018.05.08 Tuesday

ある過払金の返還―判決どおりの支払いを受けるのは大変!?

1 むかし,あるところに,過払金の返還を判決どおりに受けられずに困っているAさんがいました。

 Aさんは,以前,中堅の消費者金融であるP社からお金を借りて,完済したのですが,150万円ほどの過払金があったのです。

 そこで,Aさんは,弁護士に頼んで訴訟を起こしました。そして,Aさんは,過払金約150万円の返還をP社に命じる判決を勝ち取ることができました。

 ところが,P社の担当社員は,事業を継続しているにもかかわらず,相次ぐ過払金の返還請求でお金がなくなったといいます。そして,判決が出たにもかかわらず,「30万円しか払えない。これで和解してくれないか。」と言い出す始末です。

 Aさんは,150万円の判決が出たのに30万円しか払ってもらえないことに納得できず,和解金の増額を求め続けました。そして,AさんはP社から1円も返してもらうことなく,時間だけが過ぎました。

 

2 そのような中,Aさんは,P社が行っていた事業の業績が向上していることを知りました。

 Aさんは,「P社が,倒産したならまだしも,事業を継続し,しかもその業績が向上しているのに,判決どおりに150万円を返さないのはおかしい。」と憤りを覚えました。

 そこで,Aさんは,何人もの弁護士に相談しました。しかし,どの弁護士からも,「P社から全額を回収するのは困難です。最近は,全額回収できたという話は聞いたことがありません。」との答えが返ってきました。

 それもそのはずで,P社は,相次いで過払金の返還を請求され,種々の強制執行を受け,対策を取るようになりました。P社は,財産を他の企業に譲渡したり,そのありかを分からないようにしたりし,強制執行できる財産を見つけることは非常に困難になっていました。

 そして,Aさんは,何人もの弁護士に断られ続けたことで,判決どおりに回収することを諦めかけていました。

 

3 そのような中,Aさんは,N弁護士に相談しました。

 N弁護士は,困難な事件にも,合理的な可能性がある限り,依頼者の利益を尊重し,積極的に取り組む弁護士です。

 N弁護士は,Aさんからそれまでの経緯や思いを聞き,Aさんに共感し,「倒産したり事業を継続できないような会社ならまだしも,事業を続けられる会社である以上は,必ず何らかの回収する手段はあるはずである。」と考え,Aさんの依頼を受けて強制執行することにしました。

 そして,N弁護士は,事務所に勤務するD弁護士に事件を委ねることにしました。D弁護士は,少しグズグズしたところはあるものの,若く,タフで,粘り強く事件に取り組む弁護士だからです。

 しかし,D弁護士は懸命に取り組んだものの,強制執行できる財産は一向に見つかりません。簡単に見つけられる財産は,既に他の請求者や弁護士が見つけて強制執行しているのです。

 それでも,D弁護士は,Aさんのために諦めずに粘り強く財産を探し続けました。

 そして,ついに強制執行できる財産を見つけました。

 

4 N弁護士は,早速この財産に対する強制執行を申し立てました。

 すると,これまで一向に判決のとおりに支払おうとしなかったP社の担当社員は,約150万円の元金に年5分の割合による遅延損害金や執行費用等を加えた約240万円もの金銭を直ちに支払うと言ってきたのです。

 それほど,この強制執行の申立ては,P社にとって困ることだったのでしょう。

 ほどなくして,N弁護士は,P社から判決どおり約240万円のお金を回収し,Aさんの権利を実現することができました。

 

5 一件落着した後,N弁護士は,D弁護士に対し,次のように語りました。

 「P社のように事業を継続している会社であれば,必ず強制執行できる財産はあるはずです。今回,強制執行した財産についても,また,対策を立ててくるでしょう。しかし,そうであるならば,弁護士は,何とかして,依頼者のために新たな財産を見つけるまでです。

 弁護士は,高い要求をする依頼者に鍛えられます。依頼者の高い要求が,弁護士を成長させてくれるのです。

 D君が,事件に真摯に取り組み,あきらめずに粘り強くやりぬいたことは,私にとっても誇りです。D君が弁護士として成長し,自信をつけてくれたのが,本当に嬉しいです。」

 このように語ると,N弁護士は,D弁護士とともに,夜の街へと消えていきました。

おしまい

 

2018.02.23 Friday

厄払いと豆まき

 博多の総鎮守として、「お櫛田さん」の愛称で、広く市民から親しまれている「櫛田神社」の「節分祭」において、2月3日、今年厄年になることから、厄払いと開運を祈願し、「豆まき」の神事をして参りました。

 櫛田神社には、報道によれば、3万人もの人出があるそうで、境内にも、溢れんばかりのたくさんの人がおられ、すごい賑わいでした。

 櫛田神社の豆まきは、紅白のボールに座右の銘を記してこれを投げるととともに、袋に入った豆をまきます。紅のボールに「初志貫徹」、白のボールに「自然体」と書き、この思いが叶うよう思い切り遠くまで投げました。「ハオリハカマ」を着て舞台に上がり、境内の人々から、「こっちに投げて」と黄色い声援を受ける中、豆をまくのは、ロックスターにでもなった気分です。

 このとき舞台に上がった中には、たまたま博多の方がおられず、最後は、博多手一本を締めさせて頂き、そのときの様子がテレビ放送もされていた由です。

 今年一年本厄を無事過ごし、厄除、商売繁昌、家内安全、不老長寿、交通安全、会社安全で、無事乗りきりたいと思います。